公式ブログ

Ms.Private 大人の恋愛事情 第5話~愛が宿る場所を求めて~


現代の格差婚の定義


いつからかテレビドラマのラブストーリーは
20年前とすっかり様子が
かわっていたことに気付く。
同性同士の恋愛だったり
女性が年上であったりという設定。
それもうんと年の差がはなれている
女性が上の格差婚(恋愛)だ。
10数年前から徐々に増えてきたなぁとは思っていたが
当時のそれらは「特別」感があった。
けれど最近のその設定が
当然あってしかるべきかのように
ごく不自然にストーリーに組み込まれている。

子どもの頃、父の発言で驚いたフレーズがある。
完璧な昭和の九州男児
長男(家長波の扱い)として育った父は
当時筋金入りの亭主関白だった。
某所名人が結婚をしたというニュースがワイドショーで流れていた時のこと。
相手の方が映った時に父が「お古をもらったんだな」とぼそっと呟いた。
当時小学生だった私は?とその意味が分からなかったが
不可解さと何となくの気味の悪さが心に残った。
大人になり、その言葉がもたらした違和感の意味を知る。
その結婚相手の女性はバツイチだったのだ。
「初婚の男性」「再婚の女性(しかも年上)」の設定が
その世代的には疑問だったのだろう。
(しかもイケメンで大人気の男性だったと記載している)
誰かの二番手はノーセンキュー、自分に色に女性を染めたいという世代。
最近のテレビドラマのこうした設定を知ったら
時代の移ろいの激しいギャップに
驚きを隠せないだろう。


年上女の市場価値

私が大学生だった頃はまだまだその名残があった。
「年上の女性に憧れる」時期というのがあるそうだが
当時、男性のそれは10代後半から20代前半の時期に概ね限定されていた。
年上とはいってもプラス5歳までくらいがほとんどで
中にはプラス10歳というツワモノもいたが
それはまだまだレアなケースだった。
そんな年上願望の男子たちも社会人になり
身を固めようとする時期に入ると
結婚適齢層、自分と同じ世代や年下女子を
チョイスするという現実へ切り替える。
そんな男友達をたくさん見てきた。
今も彼らは昔と変わらず同じ志向で
若い女を連れたがる。
社会的にも精神的にも女より優位でありたい
昭和ジェネレーション男子。


支配欲から解放された男たち

ところが、世相を反映しているテレビと同じように
その構図が変わってきた事に気付いたのは
男友達との会話からだった。
年下でおしゃれでイケメンという
恋愛に不自由しないであろう部類の
平成ジェネレーション男子。
彼らと話していると、明らかに年上に
甘えたい願望男子の割合が増えていることに気付く。
彼らにとって5歳程度の年齢差は驚きのギャップではなく
10歳、15歳、中にはそれ以上という恋愛を成就させている人もいたのだ。
彼らに交通するのは、求めているものは男としての
「支配欲」だけでなく
本能的に癒されたい願望「安らぎ」だ。
逆を言えば、雄としてのリードを重視していた
「狩り」の本能が弱まってきているのではと思う。
男が強く、弱い女を守るべし、という不変のテーマの
根本が揺らいできたとすれば
子孫を未来に残すという遺伝子の
記憶されも変化を遂げていくのかもしれないと
頭によぎったがそれは追及することはやめよう。
とにかく、その手の男たちは、女性に相談し導かれて、
リードを相手に委ねる、そんな関係性を垣間見た。


人間の隙間が恋を生む

それはさておき、パーソナルな連絡ツールとして
各SNSを手にした世の既婚者たちは
昭和ジェネレーションも例に漏れず
自由恋愛を楽しんでいる。
大昔、それらのツールが無い時代はそれこそ
逢瀬も大変だったと察する。
往年の演歌の歌詞は、不毛な恋に心を焦がす
切ない恋愛のオンパレードだった。
連絡を取り合う事さえ困難だった時代とは
今や大きく変わり、誰の取次も必要なく
ダイレクトに他人同士プライベートにつながるツールは
恋を生み出すには十分な役割を果たした。
決して華やかな一部の男女間だけのことではなく
ごく普通の家庭の当たり前の毎日がおりなすそこら中に起きている。
日常の隙間に出会いは落ちていて
ひっそりと恋が生まれている。
不倫がどうとか、良いとか悪いとかその議論はおいておく。
ただ、恋をしている人は、結婚で幕を下ろしたはずの
恋愛劇場が終わっていなかった。
日常の隙間にひっそりと幕を開け
主役の前に相手役が登場しては去り
日々新しい台本が生まれ続けている。
再び幕を開けたショーは終わらない。
そんなれない劇場は巷に溢れている。
今も町中に、すぐ側に。


自分が手放したものを相手に見る

そこで、目につくのが年上女性との格差恋愛パターン。
彼らは何を求めてそこにいるのか。
そんな話を聞くたびに問うと皆が口を揃えて言う。
「落ち着く」のだと。
ああ、そうか。頑張り、足り続けて孤独に疾走し
人生の終盤を迎える時代では無いのだ。
気を張り続けて「強いオトコ」の仮面をつけ続ける事も
美徳ではない生きていく時間の折々に
句点も読点も必要でその余白ごとに
頑張りを認められ受け止められたいのではないか。

従順さを求められてきた女性たちは、無意識に
抑制してきた強い自身を解放させる。
諦めて手放したものをきっと
真っすぐな若さに見てしまう。
女性が強くなってそうなったのか
はたまた逆なのかわからないけど
とにかく世の女性、40代はもちろん
50代も60代も美しい人が増えた。
ストーリーを持つ女性から滲む芯のある強さ
艶っぽさとなめらかな曲線を伴う身体。
そんな女性が魅せるふわりとした笑顔に
つい惹きこまれてしまう。
上昇世代の平成ジェネレーション男子が求める
「導き」と「安らぎ」に
マッチングしているのだと、深く頷けた。

これが良いことなのかそうでないのかは分からないし
善悪を付ける気もない。
ただ、しぼんでいく肌とは反比例の
膨らみのある内面を蓄えてきた女性たちは
美しく魅力的であるという事。
それは、偶然手にした産物ではなく、地を踏みしめて
じっくりしっかり生きてきた
昭和ジェネレーション女性が手にした
生き様の結果なのだと、そう思わずにいられない。
そして、その魅力は「女を守れ」と責任と強さを
小さいころから刷り込まれ
必死で時代を駆け抜け生きてきた
昭和ジェネレーション男子もしかり。
かっこいい50、60代の男性が増えた理由には
違いないと確信する。


恋愛基準のダイバーシティはつづく

時代は移ろい、恋愛スタイルはもっと
多様化していくだろう。
30年後には、全く違う恋愛基準が王道になっているかもしれない。
でも永遠に変わらないものは、女性の母のような強さと愛情。
それは年齢に関わらず女が持つ本能。
心から寄り添えるそれに出会えたら
男性は幸せだと思うのだ。


Go to the next stage!

 

 

      
Ms.Private
  • left_slid1
  • left_slid1
  • おむつケーキ

The latest news

Archive

Category

Instagram

MORE >
pagetop