公式ブログ

Ms.Private たくさんの顔を持つ女性たち Ⅲ~心で恋をする~


例えば誰かを好きになる。

その瞬間からほんのり体温が上昇していく、そんな感覚に陥る。
きっと自分にしか分からないアンテナが反応したのだ。

 

恋に落ちた、その刹那。

身体の隅々に巡らされた小さな血管が、じわりと逆流してくるようなそんな高揚感。

その人の周りだけ、空気が違った色を見せる。

自分から遠い場所で、例えばその彼が友達に囲まれていても、彼の周りの空気の色だけ全く別の色になって自分の目に映る。

思わず気を取られてしまう、そんなコントロール不可能な自分を引き起こすばかり。

恋する女性が美しくなるのは、熱を帯びた空気感と不安定さの生み出すアンバランスさが彼女の周りに艶っぽさを醸し出すからに違いない。

 

だからこそ、心で恋をしなきゃ。

頭のてっぺんで恋ができるわけがない。予定も計画も打算も理想も当てはまらない。

心の奥底にある自分でも掴めない自分自身の心が、意識の表面の下にある深い深い本能が、惹かれているのかどうか。

身体の細胞全部で相手を欲していると感じられるかどうかなのだ。

 

惹かれあうという、壮大な奇跡。

相手のアンテナも自分の事をキャッチしてくれる、恋が引き起すそんな奇跡が起きたら、それは運命かもしれない。

同じ温度で相手を想うという事。一緒にいなくても、相手の温もりに包まれる、睫毛が震える。

頭でする恋には決して感じられない感覚ばかりが貴女を襲う。不明瞭な幸福感。

 

そんな恋を貴女はしましたか?

同じ時代に生きて、この広い世界の中で二人巡り合えたこと、存在していてくれたことに、ただ感謝する気持ちになる。

そして、相手を大切にするように、相手に愛される自分自身を大切にしていこうと感じる。

お互いを崇める感情の巡り合いがなされるもの、それが真実の愛。

 

誇れる自分で相手に出会うということ

そんな奇跡の相手に出会った時、どんな自分でいられるかイメージを描こう。

誇れる自分でいなければいけない。

心も体も消耗しきった薄っぺらい女じゃ、喜びに震える細やかな感覚も失ってしまう。

無駄な数の恋は、なんのプラスにもならないのだ。

だから、自分を大事にしていよう。心震える人に出会う時のために。。

大切な相手に大切にしていた自分が出会えますように。

      
Ms.Private
  • left_slid1
  • left_slid1
  • おむつケーキ

The latest news

Archive

Category

Instagram

@kmamayours
MORE >
pagetop